いっしょに笑おう

私達はご本人の特性を理解し、
個別化した活動を大切にします。

生活介護笑プラスでは、言語理解やコミュニケーションに困難さをもつといった重度障害者(知的・精神)の特性を理解し、ご本人の「できる部分」「できそうな部分」を職員全員で繰り返しアセスメントします。

そして、作業内容はもちろん、作業量や休憩時間も含めた個別化した活動を提供し、利用者様一人ひとりが自分らしく生き、笑顔になることを目指します。

地域からの期待に応えられるようみんなで成長していきたい

  • サービス管理責任者 原田 貢(はらだ みつぐ)
  • 2013年1月入社
  • 社会福祉士・介護福祉士

もっと詳しくみる

-笑プラスでのサービス管理責任者の仕事について教えて下さい。

原田) サービス管理責任者の仕事は、多岐に渡ります。その中でも一番重要だといえる仕事は、通所される皆様一人ひとりの状態に合わせた「個別支援計画」を作成することです。この「個別支援計画」を基に、日々の支援を提供していくため、対象の方のニーズにあった実現可能な計画の立案が重要です。

-支援提供を開始するにあたり配慮している点はどこですか?

原田) 笑プラスでは、主に自閉症スペクトラム障害や知的障害をお持ちで障害支援区分5~6の利用者様が通所しています。利用者様とコミュニケーションをとることは難しいですし、経験を積んだ支援者でも、その場で様子を見ただけでは、その利用者様のことを全て把握することはできません。そのため、ご本人以外の方から情報・ニーズを知るために、保護者からの聞き取りや、行政機関、福祉関係者等から聞き取りを実施し、本人の情報を集めています。

-情報収集が大事だということですが、一番把握したい情報は何ですか?

原田) 一言でいうと、出来ている部分「強み」を見つけることです。笑プラスでは専門の職員がアセスメントをおこない、対象の方のできる部分、長所を確認します。これらの情報や、アセスメント結果を基に、「個別支援計画」を作成します。誰にでも当てはまると思いますが、できない部分を指摘されても、やる気は起きにくいものです。できない部分をできるようにするという考え方ではなく、できる部分、長所をさらに伸ばせるような計画を立てて、目標達成を前向きに取り組んでもらえるようにすることが大切だと思います。

-最後に、事業所開設前から携わってみて感じたことと今後の抱負を聞かせてください。

原田) 開設をする中で、定員を大きく上回る利用応募をいただきました。現在、重度の自閉症、知的障害をもつ人を受け入れる施設が都内では少なく、都外施設であっても断られてしまうというケースのお話を何件かお聞きしました。そういった人たちが、笑プラスにつながったケースもあります。しかし、建物構造のハード面や、職員体制といったソフト面の部分で、残念ながらお断りせざるを得ないケースもありました。「私たちはまず助けます」という法人理念を達成させるためには、職員がスキルアップを図り、支援力を磨いていくことで、重度の方の受け入れが可能なのだと感じています。サービス管理責任者として、職員みんなが支援の専門性を高められるように、研修の設定や、個別の事例について検討できる場の設定を積極的に設けていきたいです。

この職員紹介だけで生活介護笑プラスの支援内容をご理解いただくのは難しいかと思います。随時、見学や体験を受けつけておりますので、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

誰もが安心して自分らしく笑えるように

  • 生活支援員 志村 恵(しむら けい)
  • 2019年4月入社
  • 公認心理師

もっと詳しく見る

-簡単な自己紹介をお願いします。

志村) 生活介護笑プラスで生活支援員をしている志村恵です。大学院で心理学やASD(自閉症スペクトラム障害)の方への支援を学んだ後、2019年4月に入社しました早稲田大学の大学院生時代、SHIPの事業所の利用者様を対象に心理検査を行ったことがきっかけで、この法人を知りました。障害福祉で心理検査を支援に取り入れている所は少ないので、「SHIPって、先進的な取り組みをしている法人だな」と感じました。また、職員の方が楽しそうに働く姿と職場の雰囲気も印象的で、これも入社の決め手になったと思います。和やかな雰囲気でありつつも、利用者様の支援についてはいろいろなアイディアを出し合い、とことん考える姿を目にして、「私もここで働きたい!」と思い入社しました。

-大学院で学んだ専門性をどのように発揮していますか?

志村) 利用者様の日中活動の見守りやフォローを主に行っています。活動の様子を観察しながら、利用者様がより過ごしやすい環境作りができないか、活動の幅を広げるにはどのような工夫をすると良さそうかなどを考えています。臨床心理士の資格ホルダーということもあり、心理担当として笑プラスの利用者様を対象にした心理検査(TTAP・感覚プロファイルなど)の実施も任せてもらっています。

-利用者様が笑顔で過ごせるようにどのような工夫をしていますか?

志村) 笑プラスでは、重度(障害支援区分5以上)の知的障害がある利用者様が通所し、作業や散歩などの日中活動を行っています。多くの利用者様がASDのある人なので、ASDの人が安心して過ごしやすい環境になるよう、環境作り(構造化)をしています。構造化では、個別性を大切にして、利用者様一人ひとりの特性や理解の仕方に合わせて様々な工夫をしています。具体的には、作業に関係ない物や人の行き来が目に入ると、今取り組むべき作業に集中できなくなってしまう方の場合には、作業スペースにパーテーションを置くことで気になる刺激を減らしています。また、声掛けよりも絵・写真や文字の方が理解しやすい方の場合には、何をすればよいか目で見てわかりやすいように伝える工夫しています。重度の知的障害のあるASDの方は、ちょっとした刺激が気になってしまったり、今何をすればよいのかわからなかったりすることが問題行動につながる場合が多いのですが、構造化をすることにより、落ち着いて活動に参加できることが増えていきます。

-プログラム提供のねらいを教えてください?

志村) 作業プログラムの際には、自立課題と言うものに取り組んでいただいております。自立課題は、利用者様の特性や能力・好みなどに合わせて作成しており、基本的にご自身の力で達成できるものを提供しています。この課題を通して「一人でできた!」という達成感や自己肯定感を高めること、できることを増やすことをねらいとしています。利用者様が安心して活動に参加しながら、好きな活動や得意な作業を見つけられる場所にできればいいなと思います。そこから少しずつ活動や社会生活の幅を広げていくための足掛かりとなれたら嬉しいです。

-最後にSHIPの一員として働き始めて6か月経った今、感じていることを教えてください。

志村) 支援について悩むことがたくさんあり、利用者様を混乱させてしまう時もあるので、まだまだ支援力が足りないと感じています。利用者様一人ひとりに合った支援を行うために、日々勉強を続けていきたいと思います。それから、地域の中の社会資源としても、重度の知的障害をもつ人が地域の中で安心して自分らしく笑顔になれる場所であると、地域の方に認識される事業所にしていきたいです。>

このインタビューだけで生活介護笑の支援内容をご理解いただくのは難しいかと思います。随時、見学や体験を受けつけておりますので、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ